FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の日記 チャミ誕記念

僕の日記と言えば・・・・過去には・・・・




〇月×日 晴れ
朝-いつもの韓定食、納豆
昼-ロケ弁2個、差し入れの菓子パン3個
夜-ロケ弁2個
夜中-ラーメン替え玉、ぎょうざ、からあげ



〇月×日 曇り
朝-移動車の中でおにぎり6個
昼-かつ丼、カレーライス
夜-ロケ弁3個
夜中-差し入れのロールケーキほぼ一本



こんなことを確かに表(おもて)には書いていましたよぉ。
これはこれでれっきとした日記だと思いますが
皆さんに弄られて僕なりにカモフラージュ成功とほくそ笑ましたよ。
これは表向きの日記。
僕の本当に気持ちをつづった日記は
裏から書き綴っていました。



〇月×日 晴れ
今朝は早朝ロケのため5時には宿舎を出なければならなかった。
でも昨夜は宿舎に着いたのが12時過ぎ。
シャワーして寝たのが早くても1時を過ぎていた。
僕はいいとして、ゆちょにひょんが起きてこない。
毎度のことだけど心配だ。じぇじゅひょんがいつも起こしてる。
そっと優しく背中を抱いて宥めるように起こしてた。
顔色がよくないようだ。目の下にクマがうっすら・・・・
まともに寝てないんだろう。



〇月×日 くもり
昨日からゆちょにひょんの具合がよくない。仕事はこなしてるが
合間合間、立ってられずソファーで沈んでしまっている。
食事もほとんど取ってない。
無理やりじゅじゅひょんが飲み物だけは摂取させてる。
ゆのひょんはそんな状態のゆちょにひょんには気付いていないので
一番側にいていっつも左ばかり見てるじゅんすが
知らせにいったようだ。
とたん、ゆのひょんの顔色が変わっていった。
あああ・・・・この人もそうなのか。



〇月×日 晴れ
今日はバラバラで仕事が入っていた。
ゆちょにひょんはじぇじゅひょんと一緒に取材だった。
昨日は少しは寝る時間があったけど、隣の部屋からは
乾いた咳がずっと聞こえていた。
同室のじぇじゅひょんも寝てないんだろうけど
朝からさわやかな挨拶を交わし、消え入りそうなゆちょにひょんを
抱くようにして、迎えの車に乗り込んでいった。
残された3人は会話もなく静かに食事した。おいしくなかった。



〇月×日 雨

一足先に帰ってるはずの2人のひょん。
でも僕とじゅんすが戻ってきたら宿舎には誰もいなかった。
ゆのひょんにじゅんすが連絡取ってくれた。
2人は病院に居るから大丈夫だと知らされた。
取材でじぇじゅひょんが足場の悪いところに居て
体制を崩したのをゆちょにひょんが助けて
ゆちょにひょんが怪我をしてしまったらしい。
軽傷だがじゅじゅひょんの計らいで入院させたようだ。
内心ほっとした。怪我はともかく病院という空間に
ゆちょにひょんが居ることがうれしかった。
薬の力を借りてでもきちんと眠って欲しかった・・・





僕の本当の日記は僕の事を書いてる日がない。
僕の行動を書き残してどうなる物でもない。
毎日同じ事しか書けないだろう。
朝から仕事して夜に帰ってきて泥のように眠ってまた朝になる。
365日似通ったことしかしてない僕たち。
でも僕の大好きな人は、同じことをしていても毎日毎日
変化が見えてしまう。



△月〇日 雪
朝から騒々しいと思ったら
ゆすひょんが防寒着を着込んでいた。
ゆのひょんは呆れた顔をして見てじぇじゅひょんは
手袋をゆちょにひょんにかぶしていた。
窓を見ると真っ白な雪が降っていて、庭にはそこそこの積雪。
2人のひょんは雪遊びに行こうとしているようだ。





「ちゃみなぁ!!お前も来いよ。
一緒に雪だるまつくろっ??なっ??」

「あっは!行ってやれよ、ご指名なんだからっ。」

「はいぃぃ?この僕が雪だるまですかぁ?ハンッ・・・・」

「はい、俺のマフラー貸したげるぅ。いこっ??」

「はいぃぃ・・・・・・」


3人で雪だるまを作った。
せっかく僕が転がしたのをじゅんすがすっころんで
壊すから全然はかどらない。
あいつをどこかに縛り付けておきたい。
僕の横で掛け声だけのゆちょにひょん。
トナカイのように鼻が真っ赤で寒いと言いながらあれこれ指示してる。
僕らのように動けりゃいいものを。
1時間後ようやくできた雪だるま。
最後のお顔はゆちょにひょんの手によって完成。



「これ!!僕じゃないですかぁ!!おっ??」


チャミ1





「ちゃみな、いっつもずっと俺の事みてくれてるから
ソンムルだよぉ。ちゃみなぁ。だいすきだよ。
そして生まれてきてくれてありがとう。
俺のそばに居てくれてありがとう。
特別に俺からの・・・・・ チュッ♡」

「でゅふふ。。ありがとうございます。ユチョにヒョーーン」



「「「ちゃんみなぁ!!ちゃんどらぁ♡ チャンミーン。
誕生日おめでとう!!
ヒョンたちからもあげるよぉ。。キッスゥ!!!!」」」



「ぎゃーーーーーーー来ないでくださいっ!
僕はユチョニヒョンのキスだけで結構ですっ。
絶対にあなたたちのなんて要りませんからぁぁああ」




この日の日記の最後は・・・・

今日は3人で雪だるまを作りました。
ゆすひょん2人では絶対に完成しなかったであろう雪だるま。
出来上がった僕の顔の雪だるまは部屋の外からも
あなたを見守りますよぉ。ゆちょにひょん!




雪だるま



画像お借りしました



チャンミンお誕生日おめでとう。
こっそり影からお祝いさせて頂きます
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

クーラニママ

Author:クーラニママ
我が家の殿と姫もすっかり隠居生活を決め込んでます。
そしてパパもママも同じように年を取ってまったり生活。
ママの新しい試みのためにブログを再開!
今までの作詞にちょっと尾ひれエヒレを付けてみました。

昨年たまたま見た韓国ドラマで一目ぼれしたユチョンさん。
一瞬で堕ちてしまってすっかり夢中です。
その方を思っての妄想、空想小説を書き始めました。
目下練習中です。気の利いたお話がかけるのは大分先のこと。
超初心者です。ゆるーーーい目でスルーしてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。