amour de l'ange 学園生活 小競り合い

入学式を無事に終えて教室で担任の先生とご対面。



生徒20人に先生が2人。



男の子のほうが少しい多いかな?



さっそくお名前の順番に席につきました。



さっきまで不機嫌だったゆちょんくんもちょっとだけ、気持ちを切り替えて



お得意の笑顔を振りまいてクラスメイトを一刀両断。

男の子もなぜかなびいてるし・・・



でもぉ。。



1人だけなびかない子がいますね。

ハイハイハイ、じゅんすくんですよぉ。



ちょっと悪いことしたのかな?って思った良心はどこへやら?

すっかり忘れて今のこの状況が気に入りません。

みんながゆちょんくんに集まってて、休み時間はゆちょんくんの周りにだけ

人だかりが出来てます。



(ねえねえゆちょんくん!羽根のお手入れにはどの美容液がいいの?)



(ゆちょんくんの好きな食べ物なーーに?)



(ゆちょん!こんどいっしょにバスケしようゼッ)



(((ゆちょんくーーーーんいっしょにかえろーーーー)))




光り輝いてる子を見ると意地悪したくなって帰り道にじゅんすくんは後ろから体当たり。



「うわウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン! なんだ??」



(きゃーーー、だれよもう!前見てよぉ)

(おい!だれだ??いってえなぁ。。カバン飛んだだろう)



団体様が将棋倒れのようにコケててその横を疾風の如く走り抜けてく後ろ姿。



「あいつぅぅぅぅぅぅぅ、ぜったいに桃男だ。(`-´メ)覚えておけよぉ」




あーーあ、すでにライバルとなっているふたり。

闘志がメラメラと燃え盛ってます。





ゆちょんくんの家の手前にあるじゅんすくんのお家。

前を通る時にチラっと見たらお庭でサッカーしてるじゅんすくん発見。



意地悪仕返しとばかりにゆちょんくんがおうちの前を通る時に

それはもうかっこいい声でお歌を大きな声で聞こえるように歌いました。



「♫もものふく。。もものしり(*´○`)o¶♪もものほっぺ♪変な声で笑うももーーー♪」




『きぃィィィィィィィィ、変な声って誰のこと??』



すごい勢いで追いかけてきたのでゆちょんくんも必死で逃げて自分ちの

玄関に逃げ込みました。

そこへ愛犬のハランがいてじゅんすくんに吠えるように指示してハランの後ろの

隠れちゃました。

ハランに吠えられてびっくりしてひっくり返ったじゅんすくん。

後ろから大声で笑われてじゅんすくん怒りマックス。

ハランの前と後ろで喧嘩が始まってしまいました。



玄関先で大騒ぎしてるとおうちからお母さんが出てきて「何事???」って

間に入りました。

ゆちょんくんは必死にじゅんすくんにされたこと訴えてます。

そこへ走って駆けつけたじゅんすくんのママも間に入ってじゅんすくんの訴えを聞いてます。

お母さん2人は大きなため息をついてお互いにクスッと笑って

お互いの息子の首根っこを掴んで各々の家に連れて帰りました。



その日の夜。

お互いの家からは泣き声と口答えする男の子の声がいつまでもいつまでもしていました。




かなり怒られたのか2人はそれからお互いを干渉せずに適度な距離を開けて

仲良くなることはありませんでした。



でもそれはほんのちょっとの間だけ。。


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment